腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「脂肪太り」は警戒信号①

「脂肪太り」は警戒信号①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「脂肪太り」は警戒信号①

2019/10/23

脂肪がつきますと、身体の筋肉も、胃腸の筋肉も、霜降り肉のようになり、弛緩して、収縮が鈍くなり、筋力は弱くなります。

太っていても、脂肪太りでは力は出ないのです。

プロボクシングの選手など、減量に失敗しますと、動きが鈍くなり、スタミナが続かなくなることは、ご存知の通り、太った人の太鼓腹は、脂肪だけでなく、腸が弛緩して、ガスが溜まっているためであります。

太った人は、そうでない人に比べて、糖尿病の死亡率は2~3倍、脳・心臓卒中(梗塞)は1.5~2.5倍も多いです。

肝臓病(脂肪肝・肝硬変)やがん全体についても、大体同率です。

また、精神障害(脳軟化症・脳出血の後遺症・脳梗塞など)も、太った人が、やはり2~3倍も多いです。

太っていても、本当に健康な人も勿論います。

しかし、太り過ぎの人は、成人病(中年病・生活習慣病)を合併している比率がやはり高いです。

糖尿病、高血圧、心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中などは、肥満者の方が5倍~10倍も多く、肝臓病、胆石、胆嚢炎、その他関節炎や痛風も、太った人が罹りやすいのです。

『肥満は成人病(中年病・生活習慣病)の問屋』と言われる所以です。

また、女性では、肥満者の2~3%が不妊症、半数近くに月経障害が見られると言います。

その他、子宮の発育不全、卵巣の機能不全、子宮がん、膣炎、おりものなども多く、また、妊娠中毒症、陣痛微弱、巨大児の出産など、太ったための病気が色々出やすいことになります。

肥満は、女性にとっては、ただ格好が良くないというだけではないのであります。

このような成人病(中年病・生活習慣病)を起こしている人も、体重を減らして、標準体重に近付けると、その症状が軽快し、ほとんど治ってしまいます。

このことからも、中年の肥満そのものが、成人病(中年病・生活習慣病)の重要な症状であるとみなされるのです。

 

この続きは、次回掲載します。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP