腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|スタミナを強化する3つの大原則③

スタミナを強化する3つの大原則③|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

スタミナを強化する3つの大原則③

2019/10/18

ストレス刺激があまり強く、また長く加わっていると、副腎皮質ホルモンは枯渇してしまい、防衛機能は衰え、病気に罹りやすくなります。

こうなりますと、働けば疲れる、直ぐいやになる、どうも意欲が出ない、眠くてだるい、といった症状が現れてきます。

俗に「ストレス」というのがこれであります。

昔からのスポーツ用語である「スランプ」というのもそれであります。

また、自覚症状としての「慢性疲労」と言われるのもこれであります。

その反対に、あまり楽にばかりしていますと、副腎皮質ホルモンを分泌できなくなり、ちょっと働いても、すぐ疲れます。

つまりスタミナがなくなるのです。

そして、ストレス刺激が加わり過ぎた時と同様に、体力も気力も鈍り、病気に罹りやすくなります。

ですから、いくら良い食べ物を食べても、多少のストレス刺激を加えなければ強くはなれないのです。

つまり、働き過ぎても、働かな過ぎても、同じようにスタミナは衰えていくものです。

こんなわけで、スタミナをつけるには、副腎を良く刺激してやることで、多少の無理、面倒なことでも進んでやり、寒さ暑さにも身体をさらし、腹も減らし、身体を疲れさせるなども、押し切ってやることが必要です(あまり無理をしてはいけませんが)。

そして、押し切ってやっあとでは、その逆の状態にして、副腎を良く休ませることが大切です。

即ち、寒さにあたってから暖房へ、腹をすかしてから食べる、身体を良く動かしてから休む、仕事をしてからよく休息する(夜10時には床につく)というように、毎日を過ごすのが良いです。

この意味でビジネスマンは、日々よく働けば、適当なストレス刺激を受けているわけであります。

ですが、リクレーションをうまくしないと、副腎の働きは回復しません。

「良く学び(働き)よく遊べ(休む)です」

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP