腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|スタミナを強化する3つの大原則①

スタミナを強化する3つの大原則①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

スタミナを強化する3つの大原則①

2019/10/16

意欲を持って仕事ができ、働いても疲れにくい手ということは、ビジネスマンにとって大切なことです。

このように、耐久力のあることを、スタミナがある、と言います。

「スタミナ」という言葉は、初めはもっぱらスポーツの方で使われていましたが、今では一般に使われています。

つまり、体力があり、頑張りが効き、よく働けることを言うのであって、ビジネスマンとしては、「まめに働く」ことであり、せんじ詰めること、健康のことであります。

ところが、ビジネスマンは、騒音と汚れた空気の中で、人ごみにもまれて、毎日毎日仕事に追われ、時間に追われて、働いて行かねばなりません。

肉体的にも、精神的にも、健康を損ないがちです。

その結果として、ともすれば健康を害し、スタミナを失い、成人病(中年病、生活習慣病)を起こすことにもなります。

健康が資本であるビジネスマンにとって、健康を保ち、さらに積極的にスタミナをつけることは、最も重大な関心事でなければなりません。

成人病(中年病、生活習慣病)の現れるピークは、以前は40~50歳代だったのが、今日では30代の中頃になりました。

しかも、成人病(中年病、生活習慣病)は長い期間かかって現れてくるもので、その萌芽は、それよりずっと以前の、20代に既にみられているのです。

前にも述べましたが、成人病(中年病、生活習慣病)の権威、スティグリッツ博士は、成人病(中年病、生活習慣病)は、26歳から始まることを警告しています。

スタミナをつけるには、3つの原則があります。

それは、①栄養 ②訓練 ③気の持ち方であります。

「栄養」と言いましても、スタミナ食などと言って、『もっと肉や魚を取れ』とか、『ビフテキをうんと食べよ』とか、あるいは『良質のタンパク質で栄養満点のもの』とか、『米の飯を食べないで副食をうんと食べよ』とか、『牛乳を6合飲め』とかいうことではありません。

栄養とは、本当は食べ物のことではなく、摂取し、消化し、吸収し、血となし肉となし、さらにそれを分解してエネルギーを遊離し、生きていく力、働く力とする「働き」のことです。

そして、食べ物は、栄養になる物質(栄養物)です。

我々の肉体の働きによって、食べ物は栄養になるのです。

 

この続きは、次回掲載します。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP