腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|仕事の能率を上げる1日のスケジュールの立て方

仕事の能率を上げる1日のスケジュールの立て方|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

仕事の能率を上げる1日のスケジュールの立て方

2019/10/13

生理学から言いますと、「疲労してから休むよりは、疲労する前に休む」の方が良いのです。

疲れ切ってからでは、回復に手間取ります。

普通の仕事は、2時間くらいは大抵続くものです。

3時間続けば、かなり疲れを感じます。

2時間やったらちょっと一休みと言いますのは、このことからも効果的です。

例えば、2時間働いた時には、10分の休息で回復しますが、3時間なら、回復には30分以上かかります。

「疲れる前に休息する」と言いますのは、小休止ではなく、大休止(40分から1時間の昼休み)においても言えるのです。

4時間働いたら、長い休息(40分から1時間の昼休み)が必要です。

これは小休止と違って、仕事からくる刺激を、すっかり取り除くためです。

昼の休みには、食事をしなければなりませんが、急がずに、ゆっくり食べることも大切です。

また、仕事の後、2~3分軽い体操をしてから食事をするのが望ましいです。

そして、食後には、屋上とか屋外に出て、散歩したり、ベンチで休んだりしてくるのも良いでしょう。

頭を使った後の疲れは、じっとしていて雑誌を見たりするよりも、軽く身体を動かす方が、回復が早いからです。

昼の食事は時間的に忙しく、くつろげないですが、あまり急いで大食いしますと胃に負担が掛り、食後にぐったりして、だるく眠くなったりします。

よく噛んで、消化しやすいものを腹八分にしておくのが良いでしょう。

ことに白いご飯は胃がもたれ、ビタミンB1が不足していますので、大飯を食べた後は眠くなって、午後の仕事は調子がでず、疲れやすく能率が上がらなくなります。

朝に十分食べている人なら、昼は軽くして、野菜を主にしたものが良いでしょう。

午後の小休止には、お茶(コーヒー・紅茶)やコーラ、ジュースを飲んだりしたくなるものですが、なるべく少量にし、コーヒーにはミルクを入れた方が胃のために良いです。

とにかく、胃に詰め込まないことです。

1日の仕事が終わったら、直ちに2~3分軽い体操(背を伸ばし、足や腕を動かす)をするのも良いです。

あるいは、帰途、ちょっとジュースやお茶を飲んで、一息入れるのも、気分転換になって、元気よくなります。

これも、飲んだためというよりは(喫茶での)小休止が効果的なものだと言われています。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP