腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「マネージャー病」‥緊張の連続は心臓に大きな負担をかける②

「マネージャー病」‥緊張の連続は心臓に大きな負担をかける②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「マネージャー病」‥緊張の連続は心臓に大きな負担をかける②

「マネージャー病」‥緊張の連続は心臓に大きな負担をかける②

2019/09/30

前回冠静脈について、少し触れましたが、冠静脈と言いますのは、心臓を養っている血管で、大動脈から分かれて、心臓の表面を冠のように取り巻いています。

この血管がけいれんしますと、心臓の筋肉への血液循環が止まって、心臓はたちまち動けなくなってしまいます(心臓喘息とも言います)。

症状が酷いと死にもつながります。

前出のダンパー女史は、このような心臓発作(心臓卒中とも言います)に取りつかれる率が、マネージャー職の人では、ビジネスマンの平均より7~9倍も高いと言っています。

アメリカの大会社では40代の社長が多いですが、社長になる前に、その大部分の人が、一度や二度は、このような病気に罹っていると言います。

日本でも40代の前半までに、猛烈に働いて何か大仕事をやって業績を上げなければ、社長にはなれません。

従って、50代の管理職の人が、最もこのマネージャー病に罹りやすいわけです。

絶えず、精神の緊張を余儀なくされるような環境は、文明国ではますます多くなる一方です。

このマネージャー病に罹るのは、大会社の重役だけではありません。

罹りやすい人はいくらでもいます。

特ダネを追う新聞雑誌の記者、放送関係者、売れっ子タレント、ルポライター、作家、それに不況下では、やりくりに駆けずり回る中小企業の経営者‥要するに待ったなしの仕事に追われている人種が取りつかれる病気なのです。

一般ビジネスマンも、あらゆる点で、競争が激しくなっている今日、これに罹る危険にさらされているわけです。

アメリカでは、「ビジネスマン病」ともいいます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP