腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「いやいや仕事は」疲労も倍になる①

「いやいや仕事は」疲労も倍になる①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「いやいや仕事は」疲労も倍になる①

2019/09/27

疲労感と言いますのは、当人が一番よく知っているわけですが、一般に3つの段階に分けられます。

①全身が何となくだるい、肩が凝る、腕や足がこわばり押すと痛い、眠くてあくびが出る‥(身体的症状)

②頭が重い、のぼせる、気が散る、集中できにくい、イライラする、一人でいたい‥(精神的症状)

③足がふらつく、立ちくらみがする、めまいがする、耳鳴りがする、味が変わる(食嗜好の変化)‥(感覚器的症状)

上記①~③のうち、①が最も強く、②③の順であれば、肉体疲労で、大した心配はいりません。

②と③が①よりも強くなり、それが2、3日以上続けば、慢性の精神的疲労でありますから、適当な休養をしなければならないわけです。

これは、大まかなテストです。

「疲労の測定」の検査には、皮膚の2点別閾、フリッカー・テスト、反応時間法、脳液、血圧、その他負荷テストなど色々あります。

このうち、フリッカー・テストと言いますのは、この頃、精神疲労の測定に良く用いられます。

目の前に、豆ランプを置き、その前で回転板を回して、光を点滅させ、その回転板を速くしますと、光はちらつかなくなります。

このちらつかなる速さは、疲れが酷いほど回転が少ないところで起こります。

その回転数で、疲労度を測ります。

疲れていないときは、1秒間に25~30回で、ちらつかなくなりますが、疲れていますと、10~15回でもちらつきます。

または、2つの光点を、左右に動かし、この動きの速さを変えるというやり方のものもあります。

これだと、2つの光点が、ある速さ以上になりますと、1本の左右の腺になって見えますので、容易に測定できます。

 

この続きは、次回に掲載します。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP