腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「充実した仕事」は最高の疲労回復剤②

「充実した仕事」は最高の疲労回復剤②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「充実した仕事」は最高の疲労回復剤②

2019/09/24

酷く疲れを訴える人は、みんな仕事への熱意を失い、無気力になっていました。

これに対して、仕事に意欲を持ち、喜んで働いている人たちは、長時間仕事をしており、案外睡眠も少ないのに、ほとんど疲労は認められませんでした。

このことは、20代でも30代でも全く同様です。

仕事を免れようとしたり、何か厄介な作業を避けようとしたりしますと、何もしないうちから疲れてしまいます。

進化論で有名なダーウィン氏は、好きな研究は朝から夜まで、何日続けても何ともなかったのですが、『娘の結婚の際、短い式の間も、疲れて、その場にいるのが困難だった』と言います。

兵士たちについての実験でも、肉体的な労働だけなら、70~80時間は元気一杯働けましたが、さすがに94時間になりますと、誰もがすっかり疲れて、動けなくなりました。

しかし、兵士たちに、『やらねばならぬ』という意欲を起こさせますと、こんなにも頑張れるのです。

その反対に意欲をなくさせますと、4~5時間で疲労困憊になります。

トムソン博士の診察室を毎日訪れる50人の患者のうち、約半数は身体的に何も故障もないので、原因は精神的なもの‥心配、焦り、嫌気などであると考えられました。

そこで博士は患者に聞きました。

『あなたの仕事は骨が折れますか?』驚いたことには、答えは異口同音に、『いいえ、とてもやさしいのです、8時間のうち3時間も働かないくらいです』というのです。

そこでトムソン博士は結論を下しました。

「彼らはただ退屈しているだけです。休息は、返って疲れを増やすだけです。活発な作業が必要なのです、とりわけ、しっかりした目的を持って仕事に興味を見出し、たっぷり働くことです」

現代社会では、肉体的な疲労は少ない(活動エネルギーは、往復2時間、8時間会社に勤めるビジネスマンで、平均700~800kCalくらい)。

我が国では、仕事に慣れた40代になりますと、精神的疲労も少ないです。

となりますと、やはり退屈疲れと考えられます。

中年前期は、人生の退屈期でもあります。

それは、『楽な仕事』を続けているからです。

もりもり仕事をすることが退屈を吹き飛ばし、疲労を回復させます、最も効果的な方法であるわけです。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP