腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「健康」は積極的に増進してこそ

「健康」は積極的に増進してこそ|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「健康」は積極的に増進してこそ

2019/09/05

『健康でありたい』「いつまでも元気で、長生きしたい』と思わない人はいないでしょう。

また、『自分は健康だ』と思っている人でも、『もし病気になったら、働けなくなったら‥‥』と考えますと、じっとしていられない不安に襲われるでしょう。

働く者にとって、「健康は資本である」と言われますが、健康が害され、働けなくなったら、元も子もなくなり、楽しいはずの我が家も不幸のどん底に落ち込むことになります。

よく考えてみますと、『人生はただ1回の招待』であり、自分の生命を健康に保ち、幸福に長生きすることは、資本どころか、何物にも代えることのできない、尊く貴重なものなのです。

貝原益軒氏は<養生訓>の冒頭で、『ひとの身は、天地・父母の恵みを受けて生まれ、養われたものであるから』、『謹んでよく養い、損ない破らず、天から与えられた寿命を、長く保たねばならない‥‥だから養生の術を学ぶことは、人生第1の大事である』と教えている。

ところで、我が国では20歳で成人と認められているので「成人」と言えば20歳からだと思っている人が多いようです。

そして、20代はまだ若い。

歌い、飲み食い、恋愛し、青春を謳歌する。

近頃は60、70になっても若々しい人も少なくない。

だが、生理的年齢が若くなった反面、生活習慣病:高血圧、動脈硬化、心臓病、脳血管疾患、糖尿病、悪性新生物(がん)、精神障害(恍惚の人、もうろく)など‥は増加の一途をたどり、それが現れる年齢層は、年々低下しているいるのです。

生活習慣病は、昔は『老人病』と呼ばれたものですが、これが中年に多くなり、『中年病』とも呼ばれるようになりました。

もう数十年前前になりますが、米国の老年学(ジェロントロジー)の名医スティーグリッツ博士は、「中年は26から」と説きました。

これは中年病、つまりは現在の「生活習慣病」が起こるのは、26歳からであることを警告した言葉です。

人間は誰でも25歳になると成長は止まり、26歳からは、峠を越えて老衰へ一歩足を踏み出すわけです。

ですから、この時期に、まだ自分は若いと思って、無理や無謀な生活をしていますと、生命力曲線は急低下して、成人病(中年病・生活習慣病)が芽を出してしまうことになるのです。

この成人病は、外因性の伝染病などとは違い、内因性の病気で、極めて緩やかに進行するもの、いわば、『身から出たサビ』です。

長い間かかって、サビが酷くなり、臓器の働きもサビ付き、退行性変位(老化)を起こすのです。

その主な原因は、実は、毎日の生活 → 生活環境、働き方、休み方、食べ物、食べ方、睡眠、運動、心の持ち方など‥にあり、それらのちょっとした偏りが、積み重なって現れてくるのです。

このことについては、当院のHP内でも再三再四訴えていることです。

成人病(中年病・生活習慣病)を予防するするには、病気の現れをチェックするだけでなく、健康を積極的に増進することが必要なのです。

『攻撃は最大の防御である』『防御には、己を知り、敵を知らねばならない(孫子の兵法)』なのです。

中年期が人生のいかなる時期であるか、また、この時期に心身の健康がどのような状態にあるのか、ということを知って、対策を立てなければなりません。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP