腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|細かく震える(パーキンソン病)

細かく震える(パーキンソン病)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

細かく震える(パーキンソン病)

2019/07/29

手や足・口などが細かく震えるパーキンソン病は、50歳以上の人に多く現れるものです。

顔面は、仮面のようになり、瞬きをせず目の動きが鈍く、咀嚼や会話が円滑にできず、顔面は脂肪でテカテカ光ります。

動作が鈍く、頭や腰を曲げて前かがみの姿勢になり、手足もかがんで胸を張って歩けず、よろよろして転びやすくなります。

パーキンソン病の最初の症状は、手指の震えが起こりますが、後には安静時だけとなり、運動時には震えが止まります。

また、睡眠中も震えはありません。

中枢神経の障害であるため治りにくいのですが、電気療法を試してください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP