腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|慢性腱鞘炎

慢性腱鞘炎|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

慢性腱鞘炎

2019/07/01

手などを動かす腱は腱鞘に包まれています。

腱と腱鞘は刀の鞘と刀のようなもので、腱が滑らかに動くのを助けています。

この腱を使い過ぎたり、同じ動作を反復して行うと、炎症を起こして腫れたり痛んだりします。

この病気の発病は、手と指の腱鞘炎が最も多く、ほとんどはリウマチ性のものと言われています。

患部が痛み指を動かしますと、きしむような音がすることがあります。

また、腱鞘炎の仲間でバネ指やデカペイン病があり、よく似た症状を現します。

バネ指は、弾発指とも言われ、手の親指が薬指を一定の角度まで曲げると動きが悪くなり、それを曲げるとカクンと屈曲し、関節が音をして痛みます。

原因は、腱鞘が狭くなって腱を圧迫するか、腱自体の肥厚によるものです。

デカペイン病は、手首の親指側にある出っ張り(橈骨茎状突起)の部位が痛むもので、手首を小指側に曲げると痛みを感じます。

これは、この部分の腱鞘周囲炎で手首をよく使い過ぎる人に起きやすく、主婦に多く見られます。

電気療法は効果ありますが、慢性腱鞘炎の中には稀に結核性のものもありますから注意が必要です。

その場合は必ず薬物療法と併用すると大変効果的です。

 

なお、詳細なついては、当院HP「施術案内」「施術内容」「部位別・症状別解説」を参照してください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP