腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【心臓弁膜症】

【心臓弁膜症】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【心臓弁膜症】

2019/01/25

心臓は、4つの部屋からできていて、それぞれ、右心房・右心室・左心房・左心室と呼ばれます。

全身から帰ってきた血液は、右心房に入ったのち右心室から肺へ送られます。

肺では、口または鼻から吸った空気中の酸素を血液内に取り込み、二酸化炭素を排出する働きをしています。

酸素を多く含んだ血液は、左心房から左心室へと流れ、左心室が全身へと送り出しています。

心臓内を流れる血液は一方通行になっていて、逆流しないように各部屋には扉がついています。

扉にはそれぞれ名前がついていて、右心房と右心室の間の扉が三尖弁、右心室と出口の扉が肺動脈弁、左心房と左心室の間の扉が僧帽弁、左心室の出口の扉が大動脈弁と言います。

この弁の働きが悪くなり、扉がうまく開かずに血流が通りにくくなりますと狭窄症、扉がうまく閉まらず逆流が起きるようになりますと閉鎖不全症となります。

場合によっては、開くことも閉まることも上手くいかなくなり、狭窄と閉鎖不全が同時に生じることもあります。

4つの弁に、狭窄と閉鎖不全が起こりますから、合計8種類の心臓弁膜症が存在しますが、多くの場合で問題になるのは、心臓の左側の部屋(左心房・左心室)に関係する弁膜症です。

 

(1)原因

心臓弁膜症の原因はいくつかあります。

以前はリウマチ熱という病気が、心臓弁膜症の大きな要因でしたが、最近は少なくなってきました。

最近は、高齢化に伴って動脈硬化に由来する心臓弁膜症が増えています。

また、生まれつきの弁の異常で発症することや、心筋梗塞の時に発症する場合もあります。

 

(2)診断と治療

心臓弁膜症と診断されても、軽いうちは特に治療を必要としません。

中等以上で日常説活に支障が出るようになったり、心臓の力が落ちてきた時には治療を考えることになります。

薬を使えば心臓の負担を軽くすることはできますが、弁そのものを修復することはできず、手術によって弁の修復をする必要があります。

自覚症状や年齢、身体活動度などを考慮して手術のタイミングを決定します。

弁膜症を生じた弁に細菌が繁殖することがあり、感染性心内膜炎と呼ばれています。

外傷後や歯の治療後に起きることが多く、心臓弁膜症と診断された方は、歯科治療を受ける際には、病気のことを歯科医に伝えてください。

予防的に抗菌薬を使用する場合があります。

心臓弁膜症の悪化を遅らせる特別な方法はありません。

適切な時期に適切な治療が受けられるように、定期的に心臓のチェックを行うことが必要です。

 

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP