腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【運動エネルギーの燃料と酸素の利用】

【運動エネルギーの燃料と酸素の利用】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【運動エネルギーの燃料と酸素の利用】

2018/12/19

運動エネルギーは、糖や脂肪を主な燃料としていますが、

燃料からエネルギーを作り出す過程においては若干の違いがあります。

この違いは酸素を利用するのか、それとも利用しないのかということになります。

軽い運動をする場合は、糖や脂肪をエネルギー源とし、酸素を利用することによって

多くのエネルギーを獲得します。

この場合は、長時間の運動継続が可能です。

一方、強い運動になりますと、軽い運動と同様なエネルギーの獲得に加えて、

糖をエネルギー源とし、酸素を利用しないで獲得する、解糖系エネルギー量が増大します。

この場合は、乳酸という物質が生成されます。

最大運動に近づくほど無酸素的な運動となり、乳酸の産生量が増加することになります。

ただし、乳酸という物質は、非常に強い酸なので、大量に生成され続けてしまいますと、

筋肉の酸性度が増していき、運動の継続が困難になります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP