腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【高齢者の歩行パターン】

【高齢者の歩行パターン】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【高齢者の歩行パターン】

2018/11/20

高齢者の歩行動作は、加齢に伴って変化します。

<例>

・歩行速度の低下

・歩幅(一歩の長さ)の減少

・歩調(一定時間に何歩進んだか)の減少

・支持時間(足が床に着いて身体を支えている時間)の増大

・両脚支持時間(両足が床に着いて身体を支えている時間)の増大

・下肢角度範囲(歩行中に下肢関節が運動した角度)の減少

・下肢関節トルク(歩行中に下肢関節が出した力)の減少

などが挙げられます。

このような歩行動作の変化は、年齢による身体の変化や高齢者に特有の病気(老人病)

が影響するためです。

特に、足の筋機能の変化、姿勢保持能力の低下、柔軟性の低下等が、

歩行動作が変化する原因であると考えられます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP