腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【乳がんの治療】

【乳がんの治療】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【乳がんの治療】

2018/11/07

乳がんの治療は、大きく分けて手術方法、薬物療法(ホルモン療法、抗がん剤療法)、放射線療法の3つがあります。

1.手術療法

主に胸筋温存乳房切除術と乳房温存手術の二つの方法が行われています。

胸筋温存乳房手術は乳房をすべて切除し、大胸筋、小胸筋を温存し、腋の下のリンパ節を切除します。

乳房温存手術は、しこりの大きさが3cm以下の場合に行われることが多く、しこりを周囲の乳腺線維と共に切除する手術です。

乳房が残るので美容的に優れている利点はありますが、残った乳腺にがんが再発する可能性があり、手術後に放射線療法を受けることが必要になります。

2.薬物療法

ある程度の進行度以上の場合は全身的な治療も必要となります。

(1)ホルモン療法

乳腺線維は女性ホルモンの影響を受けており、乳がん線維も女性ホルモンの存在で増殖する傾向があります。

乳がん組織の検査によって、ホルモン剤が効くかどうかの判定(ホルモン感受性)を行い、陽性のはホルモン剤の投与を行うことがあります。

(2)抗がん剤療法

がん細胞を殺したり、増殖を抑える治療法です。

正常の細胞にも作用するため色々な副作用が発生します。

腋の下のリンパ節転位などがあり、再発する可能性の高いと考えられる人やホルモン感受性がない人などに行います。

3.放射線療法

前記しましたが乳房温存手術のの場合は、残った乳腺に放射線照射をします。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP