腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【骨粗鬆症の定義】

【骨粗鬆症の定義】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【骨粗鬆症の定義】

2018/09/28

骨粗鬆症の定義は骨折予防にあります。

それは、骨粗鬆症が高齢者の脆弱性骨折の基礎疾患であるからです。

昔から高齢になると骨が脆くなって折れやすくなるのは、自然で避けがたいこととして受け入れられてきました。

しかし、骨折は高齢者の生命予後にも間接に影響のみならず、生存期間中の自立を低下させ、

QOL(生活の質)を直接に悪化させるため、高齢者の増加と平均寿命の延長が顕著となって、

高齢者の骨折増加も著しくなるに従い、その予防が求められてきています。

そこには高齢期においては、生存期間のさらなる延長より、QOL維持・向上が、

重要視される価値観の変化が見て取れ、骨粗鬆症の意義増大もその流れによるものです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP