腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【朝・昼・夕の食事の特性】

【朝・昼・夕の食事の特性】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【朝・昼・夕の食事の特性】

2018/08/28

【朝・昼・夕の食事の特性】

 

前日の夕食から8時間以上経過した朝は、体温も低く、意識もぼんやりしています。

こうした身体に対し、朝食は脳の活動に必要なブドウ糖を補給して、脳の働きを良くします。また、熱産生が高まり、身体を芯から温かくして『やる気・頑張る気力』をもたらします。

一方、朝食から5時間以上も経過しますと、様々な日常の生活活動によってエネルギーが消費され、スタミナ切れの状態になりやすくなります。

その結果、踏ん張りがなくなったり、集中力を欠いたりして仕事の効率が低下します。

昼食によってエネルギーや五大栄養素を補給されますと、身体は円滑な活動を持続するのです。

さらに、夕食は1日の活動によって消耗した体力を補ったり、脳の疲労を回復させ、質の良い睡眠を持たす効果もあります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP