腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【甲状腺機能亢進症】

【甲状腺機能亢進症】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【甲状腺機能亢進症】

2018/07/19

【甲状腺機能亢進症】

 

<症状>

全身の機能低下による筋肉の脱力や体温の変動、頻脈、動悸、多汗、手足の震え、全身の倦怠感、体重減少、多食、月経異常、微熱、精神不安、不整脈、低カリウム血症や血中カルシウム量の変動にによる手足の筋力低下、マヒなど。

他覚症状としては、甲状腺の腫れや浮腫、眼球の突出など。

 

<原因>

甲状腺ホルモンが過剰に産生されることで起こります。

原因となる病気として「バセドウ病」、ホルモン産生甲状腺腫瘍(プランマ―病)、甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍、慢性または亜急性の甲状腺炎等とされています。

他に、甲状腺ホルモン剤の過剰摂取(一部のダイエット食品やダイエット薬)によるものや下垂体の異常による発症もあります。

 

<治療>

〇抗甲状腺役の服用

服用後1~2週間の初期に副作用として発疹、咽喉痛、発熱などが現れた場合は、以降抗甲状腺薬は使えません。

継続して服用しますと、白血球減少症が起こり感染症への抵抗力が低下します。

これらの副作用が認められない場合に限り、長期に服用が可能です。

 

〇放射性ヨードの服用

甲状腺は、ヨードを材料にホルモンを産生していますので、放射性ヨードを取り込ませて甲状腺を破壊するものです。

1回の服用で確実に亢進症は治りますが、将来甲状腺機能低下症になる可能性があり、服用量の見極めが重要です。

 

〇外科的切除療法

必要な甲状腺の働きを損なわぬように残しながら、過剰ホルモンを作らぬように切除する治療法です。

切除する部分と量の見極めが重要で適切な時には完治しますが、不十分であれば再発し、過剰であれば甲状腺機能低下症となります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP