腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【肺気胸】

【肺気胸】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【肺気胸】

2018/07/18

【肺気胸】

 

<気胸とは>

気胸とは、肺や気管支、食道、胸壁などの損傷により、空気が肺以外の胸腔へ入り込んだ状態をいいます。

特に、肺に穴が開いて空気が胸腔に流入したものを肺気胸と言います。

胸腔へ漏気が多いと、肺を圧迫して呼吸を妨げることとなり、時には呼吸困難からショック状態に陥ることもあります。

気胸発症に伴い、損傷部から多く出血しますと血胸(血液が胸腔内に留まる)が併発します。

さらに血胸が感染症を起こすと膿胸(膿が胸腔内に留まる)へと悪化することもあります。

 

<気胸の定説的原因と一般的な治療法>

1.突発的気胸(自然気胸とも言います)

特に原因となる疾患はなく、原因不明と診断されることが多くあります。

直接の原因として、クシャミなどで腹圧が高まったために発生したものであり、やせ型の若い男性に多く見られます。

治療法としては、胸腔に注射針を挿入して空気を抜きます。

気胸している空気の量が多いため、肺を圧迫している時は、胸腔にチューブを挿入して吸収器で排気します。

これらの術後は、感染症の予防を行い、それ以降は具体的な治療はなく、経過を観察します。

 

2.続発性気胸

事故による外傷、または胸部の疾患(喘息、結核、肺化膿症、肺がん、胸部への放射線照射など)が原因となっているものを指します。

治療法としては、前記の突発性気胸(自然気胸)に準じます。

外傷によるものは、必要に応じて開胸手術を行い、損傷箇所を縫合します。

外傷による気胸の予後は良好に推移します。

胸部に疾患があるために、気胸が起こる祭には、その疾患の治療を行いますが、予後は疾患により異なります。

 

<気胸の本質的原因>

気胸は、前述の原因によって起こると一般的に考えられますが、本質的な原因はすべて、関係臓器や器官の細胞劣化または細胞同士の結合力の低下です(事故等による外傷を除く)。

つまり、細胞や細胞間の密着が弱くなっているために突発的な内圧に耐えられず損傷して気胸になります。

あるいは何らかの疾患の進行により、細胞が不良となり自ら損傷して気胸となるのです。

この本質的な原因を踏まえたならば、治療または予防をすることは時間が必要となりますが可能なこととなります。

一般的な治療法は前述のとおり、対症療法が主体となりますが、遠赤外線療法を併用したならば、新陳代謝の活性が期待できるため、本質的な改善と治療に導くことが可能によると考えます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP