腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|【動脈硬化】

【動脈硬化】|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

【動脈硬化】

2018/07/17

【動脈硬化】

 

<動脈硬化の主な原因>

1.LDLコレステロール(悪玉)の増加に伴う活性酸素の活動

通常、コレステロールは肝臓でタンパク質や中性脂肪等を元に善玉と呼ばれるコレステロールが産生されます。

この善玉コレステロールは、粘着力を有しており、血液と共に全身を循環して血液中の疲弊物質等の老廃物を捕捉する働きがあります。

つまり、善玉コレステロール血管のお掃除(動脈硬化の予防)をしてくれるわけです。

やがて、善玉コレステロールはたくさんのごみを捕捉し、血管掃除という役割を終えて、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールとなります。

このLDLコレステロールは、肝臓で分解されて胆汁と呼ばれる消化液に作り変えられて、胆嚢を経由して小腸に注がれ、栄養の消化吸収を助けた後、便とともに排泄されます。

ところが、慢性的な疲労により肝臓の働きが不調(病気とは限らない)ですと、LDLコレステロールの分解が十分に行えずLDL値が高くなります。

この状態で筋肉痛や炎症が身体のどこかにありますと活性酸素が増えます。

この活性酸素がLDLコレステロールに結び付きますと、血管に増殖し血管が必要とする栄養を、血液から十分に受け取れなくなり動脈硬化が始まります。

 

※活性酸素は、最近注目を浴びておりその功罪が紹介されています。

そのほとんどにおいて悪者扱いされていますが、本来活性酸素は免疫など身体を守るために大切な役割を担っています。

問題は活性酸素が過剰に増えることです。

 

2.血液の状態

血液の汚れは動脈硬化を進行させます。

主な汚れは疲労物質、尿毒性物質、老化赤血球、老化血小板などですが、これらは血液を酸性に傾けるばかりか、血液の粘度を増加させ、血流を阻害し血管の老化を早めて動脈硬化の温床を作ります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP