腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|運動と糖尿病

運動と糖尿病|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

運動と糖尿病

2018/07/02

【運動と糖尿病】

 

血糖値を下げる能力(耐糖能)は加齢とともに衰えるため、高齢者では、糖尿病及びその予備軍の方、とともに増加します。

運動療法は、食事療法とともに、糖尿病の治療の基本と言えますし、糖尿病を発症していない人の発症予防にも大変有用です。

糖尿病の治療の目的は、糖尿病に特徴的な合併症である細小血管障害(網膜症、腎症、神経症)と大血管障害、即ち動脈硬化から起こる狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを予防することです。

運動療法は、インスリン抵抗性の改善、内臓脂肪の減少などと関連し、動脈硬化の危険因子である高血圧や、脂質異常症(高脂血症)などを改善する効果もあります。

その他、骨密度・筋肉量の増加、心・肺機能の改善、精神状態の安定、さらに、認知機能低下に役立ち、日常生活活動性の維持、生活の質の向上、寝たきり予防に有用と言えます。

運動療法を食事療法と両輪と考え、上手に習慣としましょう。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP