腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|関節の老化

関節の老化|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

関節の老化

2018/04/17

【関節の老化】

 

関節においては、加齢により関節軟骨の変性が起こります。

関節軟骨の変性が進行し、徐々に軟骨が磨り減って変形性関節症となれば、それに伴う関節痛や関節の動きの制限のため、日常の活動性が低下し、それがまた関節を動かすことを減少させ、さらに関節の動きを悪くします。

関節軟骨の変性は、比較的若いうちの20代から始まり、60代において膝関節、股関節、肘関節および手指の関節の80%以上で認められます。

加齢による変形性関節症は、荷重の掛かる膝関節、股関節や手関節に多く出現します。

変形性膝関節症では、大腿四頭筋(ふとももの前面の筋肉)を鍛えることで症状が改善することがあります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP