腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|骨の老化

骨の老化|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

骨の老化

2018/04/16

【骨の老化】

 

骨では加齢により、徐々に骨密度と骨量の低下がみられ、人によっては、骨が脆くなり骨粗鬆症が発症します。

骨量は、10代後半から20代に急激に増加し、最大限に達します。

骨量は40代頃までほぼ保たれますが、その後徐々に低下します。

特に女性では、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、50代頃に急激に分泌が低下し、いわゆる閉経が起こります。

閉経後、エストロゲンが欠乏することにより骨量が低下し、骨折しやすくなります。

女性における閉経後の数年間における骨量の減少は、生涯で最も大きく、年間2%~3%減少していきます。

閉経後、10年以降の女性と、40代男性も徐々にではありますが、骨量が減少していきます。

骨量を増加させる運動としては、持久力や筋力を増強させる有酸素運動(ジョギング、ウォーキングなど)よりも、瞬発力を高める(ジャンプ競技、縄跳び)の方が有効です。

しかし、高齢者の安全を考慮しますと、一般的には、有酸素運動が勧められることが多いのですが、主治医と相談してみてください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP