腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

アルツハイマー型認知症

2018/03/28

【アルツハイマー型認知症】

最近経験した出来事を忘れる、記憶がない症状

 

アルツハイマー病は、1907年にドイツのアルツハイマー氏によって報告された認知症の代表的な病気です。

全認知症の50~60%、85歳以上の20%に見られる頻度の高い疾患です。

脳の中の記憶に関係する部位(海馬や頭頂葉―側頭葉)にアミロイドというタンパクの一種が蓄積していくことが病気の始まりと考えられていますが、さらにタウというタンパクも神経細胞の中に蓄積するようになり、神経細胞を壊していきます。

なぜこのような現象が起こるのかはまだ分かっていません。

以前は、40~50代で発症する型と65歳以上で発症する型を分けて、初老期発症の型をアルツハイマー病、65歳以上発症をアルツハイマー型老年認知症と区別して呼んでいましたが、病理学的には両者に差はなく、発症を促進する因子に差があると考えられています。

症状は、中核症状と周辺症状(行動・精神症状)に分けられます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP