腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|慢性アルコールの影響

慢性アルコールの影響|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

慢性アルコールの影響

2018/03/25

【慢性アルコールの影響】

 

適量のアルコールはストレスを解消させたり、善玉コレステロールを増加して、冠動脈疾患のリスクを低下させます。

しかし、多量の飲酒習慣では、アルコール性の脂肪肝・肝繊維症・肝炎・肝硬変・食道静脈瘤を起こします。

また、胃・十二指腸潰瘍を起こしやすくなり、急性・慢性膵炎の発症要因にもなります。

血圧は飲酒により上昇します。

また、口腔・食道・肝臓・咽頭・大腸・乳がんなどのリスクは飲酒で上がり、喫煙でさらに高まります。

この他にも、脳血管障害、脳委縮、高脂血症、脂質異常症、高尿酸血症、骨粗鬆症、糖尿病など様々な病気と関連します。

妊娠中の飲酒で胎児性アルコール症候群(発育遅延、中枢神経系の障害)を引き起こします。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP