腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|飲酒の動向

飲酒の動向|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

飲酒の動向

2018/03/21

平成28年の国民健康・栄養調査によりますと、生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している方の割合は、男性で14.6%、女性で9.1%です。

平成22年からの推移でみてみますと、男性では有意な増減は見られず、女性では有意に増加しています。

年齢階級別にみてみますと、その割合は男性では50歳代、女性では40歳代が最も多いことが分かりました。

因みに、『生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している方』とは、1日当たりの純アルコール摂取量が男性で40g以上、女性20g以上の方とし、下記の方法で算出しています。

 

男性‥「毎日×2合以上」+「週5~6日×2合以上」+「週3~4日×3合以上」+「週1~2日×5合以上」+「月1~3日×5合以上」

女性‥「毎日×1合以上」+「週5~6日×1合以上」+「週3~4日×1合以上」+「週1~2日×3合以上」+「月1~3日×5合以上」

 

清酒1合(180ml)は、下記の量にほぼ相当します。

ビール中瓶1本(同5度、500ml)、焼酎0.6合(同25度、約110ml)、ワイン4分の1本(同14度、約180ml)、ウイスキーダブル1杯(同43度、60ml)、缶チューハイ1.5缶(同5度、約520ml)

 

年齢調整した、生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している方の割合は、男性で平成22年15.3%、平成23年16.5%、平成24年14.6%、平成26年15.7%、平成27年13.6%、平成28年14.7%であり、女性では平成22年8.0%、平成23年8.9%、平成24年7.9%、平成26年9.5%、平成27年8.6%、平成28年9.5%でした。

 

平成22年からの推移でみてみますと、男性では有意な増減はなく、女性では有意に増加しています。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP