腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|握力が低下している場合

握力が低下している場合|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

握力が低下している場合

2018/03/19

【握力が低下している場合】

 

握力の加齢による変動は、下肢筋力に比較的に小さいと言われています。

男性では50歳代以降急激に握力が低下しますが、女性ではそれほど顕著ではありません。

日常生活活動との関連があると考えられます。

また、握力は全身の筋力の一つの指標と考えるべきで、これらの筋力が低下しているからと言って、部分的な筋力トレーニングのみでは不十分ですので、運動をする場合は、全身の筋力が向上するようなトレーニングを実施する必要があります。

高齢者の方々では握力に限らず、転倒予防等のために特に下肢筋力を維持するような運動が必要です。

当院では、治療以外にそのお客さまに応じたストレッチ・運動を指導しておりますので、一度体験してみてください。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP