腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|握力測定の際の注意点

握力測定の際の注意点|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

握力測定の際の注意点

2018/03/18

【握力測定の際の注意点】

 

1.握力計のパネル面を身体と垂直に保つ(極端に肘や肩を動かすことの防止)

2.肘を伸ばして握力計を垂直に下げた姿勢を維持する(肩を挙げたり、機器を持ち上げることの防止)

3.握力計のパネル面が垂直となるように手関節を真っすぐ伸ばす

4.握力計が体側に触れないようにする

5.握力計を振り上げたり、振り下げたりするような動作を加えないようにする

 

上記のような点に気を付けるようにします。

左右2回ずつ測定し、各々の高い値を選び、その値を測定値とします。

一般に使用されている握力計は、バネ式で簡便な機器ではありますが、使用頻度が多くなるにつれて、バネ自体の性質上測定値に正確性を欠く場合もあります。

従って、定期的に計器を検定しておくことが大切です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP