腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|インスリンの働きと血糖値

インスリンの働きと血糖値|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

インスリンの働きと血糖値

2018/03/16

【インスリンの働きと血糖値】

 

インスリンは、膵臓で作られるホルモンで、血糖値を下げる働きがあります。

食事を摂ると身体のエネルギー源となるブドウ糖が吸収されます。

ブドウ糖は血液を介して身体の組織に運ばれますので、食事を摂りますと血液中のブドウ糖の量(血糖値)が増えます。

ブドウ糖は、身体の各組織の細胞に運ばれないとエネルギーとして働けないため、ブドウ糖を細胞内に運ぶインスリンというホルモンが必要です。

このインスリンは、血液中の糖を細胞内に運んだり、余分な糖を脂肪やグリコーゲンというエネルギーを貯蔵する物質に変え、いざという時のために蓄える働きを持っています。

膵臓から分泌されるインスリンの量が少なくなったり、あるいはインスリンは分泌されているにもかかわらず、インスリンの働きが悪くなる状態(インスリン抵抗性)では、血糖値が上がってしまいます。

食事の内容により血糖値は大きく変化しますので、空腹時に血糖値を測ることでインスリンのの働きの状態がチェックできます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP