腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|心筋梗塞

心筋梗塞|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

心筋梗塞

2018/03/07

【心筋梗塞】 ‥ 心臓に血液が回らなくなる病気です。

 

(1)症状

心筋梗塞の主な症状としては、『胸部を中心とした痛み』です。

衰えた心筋が運動を行うことで痛みが発生します。

また、息切れや疲労感などの心機能の低下に伴う体力の低下がみられるようになります。

このような発作は、15分程度で収まることが多いですが、症状が悪化しますと、30分以上発作が続くようになり、心不全を引き起こす可能性が高くなります。

糖尿病から合併して発症しますと、胸痛が出にくくなって、見逃されやすくなるという特徴があります。

 

(2)原因

心臓を構成している心筋は、『疲労しない』という非常に優れた性質を持っていますが、その性質は、心臓に栄養を送り込む冠動脈によって支えられています。

この冠動脈にコレステロールや血栓が蓄積されて動脈が狭窄を起こしますと、心臓に送られる栄養が減少して心筋の組織が弱っていきます。

これが心筋梗塞を起こす原因となります。

心筋梗塞を引き起こす原因は、狭心症と同様であることから、心筋梗塞と狭心症を併せて「虚血性心疾患」と言います。

 

(3)治療

心筋梗塞は、早期に治療できれば、心機能の低下を最小限に食い止めることが可能な病気です。

できましたら、前段階に当たる狭心症の時点で、根治治療をするのが理想ですが、心筋梗塞を起こした場合、発症後6時間以内に治療を行うのが鉄則となっています。

主とした手術として下記の治療があります。

・大動脈バルーンバンピング法:大腿の動脈からカテーテルを挿入し、ステントという金属製の器具を使い、狭窄の再発を防ぐという治療です。

 

(4)予防

心筋梗塞や狭心症は、生活習慣病でもある動脈硬化や狭窄が主な原因になります。

つまり、生活習慣病の予防は、虚血性心疾患の予防にもつながるということです。

基本的には、適度な運動や食事のバランスの見直しによるコレステロール対策が重要になります。

適度な運動は、脂肪分の消費によって脂質異常症のリスクを軽減し、悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変換する効果が期待できます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP