腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|加齢による血管の老化

加齢による血管の老化|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

加齢による血管の老化

2018/03/07

前回『加齢による心臓の変化』を記述しましたが、一方、血管も老化します。

動脈は外膜、中膜、内膜の3層でできていますが、中膜に平滑筋やエラスチンという構造物があって、血管は弾性を保っています。

若い血管は弾力がありますが、年を取りますと硬くなり弾性を失います。

これは、心臓と同じように、平滑筋と平滑筋の間(間質)にコラーゲンが増えたり、エラスチンの減少、断裂、内膜の肥厚、石灰化が起こったりするためです。

これに伴って、動脈は横(横断)方向、縦(長軸)方向ともに拡大します。

血管の弾性が失われて硬くなる現象は、収縮期血圧が高くなり、拡張期が下がり、その結果、脈圧(収縮期血圧と拡張期血圧の差)が広がることに表れますし、最近よく行われる脈派伝播速度(血管の硬さを測定する機器)の上昇でも分かります。

静脈は、動脈ほど大きな変化は起こりませんが、特に下肢の静脈の弁の機能が損なわれ、静脈瘤という足の静脈が瘤のように腫れる病気が見られたり、足がむくみやすくなったりします。

 

<加齢による血管の変化>

・動脈壁(中膜の平滑筋と平滑筋の間の部分、内膜)の肥厚、エラスチンの減少、断裂

・内膜の石灰化

・動脈周径、長軸方向への拡大

・脈派伝達速度(PWV)の上昇(壁が硬くなる)

・静脈弁閉鎖不全、静脈瘤

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP