腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|その他の虚血性心疾患

その他の虚血性心疾患|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

その他の虚血性心疾患

2018/03/08

【その他の虚血性心疾患(最前線の狭心症)】‥胸の痛みにご用心

 

狭心症は、心臓疾患の中でも軽度の病気に分類できる病気ですが、放置しておきますと心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。

 

(1)症状

狭心症の症状としては、『心臓を中心とした痛み』が挙げられます。

 

(2)原因

狭心症の主な原因となりますのは、心臓に血液を送り込んでいる冠動脈の狭窄です。

コレステロールや血栓などの原因で、血管が狭くなって血液量が減少することで、心臓が貧血状態になり、狭心症の発作を起こします。

激しい運動後で、狭心症と同じような発作が起こる場合がありますが、これは全身への血液が盛んになったことで、心臓への血液量が低下して起こるものです。

 

(3)分類

①労作性狭心症‥運動後に発作が起こる狭心症です。

②安静性狭心症‥寝ている時などの安静な状態にある時に発作が起こります。

原因は、冠動脈のけいれんが主です。

③不安定性狭心症‥発作の起こり方や痛みの出る場所などが一定しないのが特徴です。

症状も軽くなったと思えば、突然悪化するなどの激しいものです。

④無症候性心筋貧血‥症状が発生しないまま症状が進行する病気で、狭心症によく似た症状を示します。

自覚症状となる痛みを伴わないため発見が難しく、運動の後で心臓の痛みを感じた場合、疑う必要があります。

 

(4)治療

狭心症の治療では、種類と進度に合わせて内科治療または外科治療が行われます。

基本的には、原因となっている狭窄を起こしている血管の拡張を目的とした治療が行われます。

外科治療では、前回記述しました心筋梗塞時での「大動脈バルーンバンピング法」と「冠動脈バイパス術」(数年前天皇陛下が行った手術です)の2つの方法が行われます。

 

(5)予防

狭心症を予防するためには、生活面での摂生が大事になります。

塩分や脂肪の摂り過ぎを避けて、適度な運動を行うだけでなく、ストレスを溜めないような生活を心掛けることが、狭心症の原因となる動脈硬化を予防するコツです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP