腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「中枢神経系」(脊髄 その3)

「中枢神経系」(脊髄 その3)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「中枢神経系」(脊髄 その3)

2018/01/06

<2.中枢神経系 (1)脊髄 の続き>

 

②脊髄の内部構造

脊髄の横断面を見ますと、H字型をした灰白質の周りを白質が取り囲みます。

灰白質の中央には縦に伸びる中心管の細い穴が見えます。

中心管は、発生初期の神経管の名残です。

脊髄の正中部の前面からは、前正中裂が深く落ち込み、後方正中部には後正中溝の浅い溝が走ります。

前面と後面の外側からは、脊髄神経の前根と後根が出入りします。

 

イ.灰白質

H字型をした灰白質の前方への突出部は前角、後方への突出は後角、胸髄では、両者の中間で側方に小さな側角が突出します。

前角には、骨格筋を支配する大型の運動神経細胞が集まり、その軸索(突起)は束となって前根を通り脊髄神経に加わります。

後角には、後根として脊髄に入ってくる感覚性の神経線維を受ける感覚神経細胞が集まります。

側角は、内臓運動や腺の分泌を調節する自律神経細胞(交感神経性、仙髄は副交感神経性)の集まりからなり、軸索は前根を通り脊髄神経に加わります。

 

ロ.白質

白質では、前索・側索・後索が区別されます。

同じような機能を持つ神経線維が集まり束となって伝導路が形成されます。

 

注:脊髄病変

ウイルスによって前角の運動細胞が選択的に侵される急性灰白髄炎(小児麻痺)は、主として小児を侵し、支配する上肢や下肢の筋に麻痺や委縮を引き起こします。

ワクチン接種は、急激にその被害を減少させました。

筋萎縮性側索硬化症は、側索を通る錐体路とその運動細胞が侵される疾患で、中年過ぎの男性に好発し、神経性萎縮が手、腕、肩へと広がり、呼吸筋麻痺で5年以内に死亡します。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP