腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「上皮小体」

「上皮小体」|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「上皮小体」

2017/12/27

4.上皮小体

 

上皮小体は、甲状腺の背面にある米粒大の暗褐色の小体で、上下1対、合計4個あります。

腺細胞が集まり、その間に毛細血管が発達します。

腺細胞は、主細胞と酸好性細胞があります。

ホルモンを分泌するのは主細胞で、酸好性細胞は、ミトコンドリアを豊富に含み、赤い色素に染まります。

酸好性細胞は、主細胞との移行形があり、高齢で増加するところから、主細胞の退行形とも考えられます。

上皮小体から分泌されるパラソルモンは、骨組織に作用して、そこに含まれるカルシウムを動員し、血中のカルシウム濃度を高めます。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP