腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「受精と発生」 その2

「受精と発生」 その2|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「受精と発生」 その2

2017/12/19

3.着床

 

桑実胚はさらに卵割を続け、内部に隙間ができて袋状になり、胞胚(胚盤胞)という状態になります。

胞胚の1種に内細胞塊という細胞の塊ができ、外側は栄養膜という細胞層で囲まれます。

受精後5~7日で、外側を包んでいた透明帯が消失し、胞胚が子宮内膜に付着しますと、栄養膜は子宮内膜を溶解して、胞胚は子宮内膜の中に入り込みます。

この現象を着床と言い、妊娠の始まりです。

 

4.胚葉の形成

 

外側を囲む栄養膜は、子宮内膜に絨毛という突起を出して、子宮壁からの栄養の吸収に役立つ絨毛膜になります。

内部の内細胞塊は、胎児を構成する部分で胚と呼ばれます。

胚部には、まもなく外胚葉と内胚葉の2層が生じ、さらに遅れて、この2層の間に中胚葉が生じてきます(受精後3週目ぐらい)。

各胚葉からは、組織や器官の主要な部分が分化します。

第4週には胚葉の分化が進み、各種器官の原器が現れ、心臓が動き始めます。

第5週には四肢の原器も現れ、頭尾長が5~10cmに達します。

第6週では目に色素が現れます。

ヒトらしい外形を表すのは7週以降で、その頃までを胚または胚子と呼び、第8週以後を胎児と呼びます。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP