腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「腎臓」 その3

「腎臓」 その3|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「腎臓」 その3

2017/11/26

<(1)腎臓の構造 の続き>

 

②組織構造

 

腎臓を作る主な構成要素は腎小体と尿細管、そして集合管の3つです。

腎小体は、皮質に散在する直径約0.2mmの球状の小体で、その数は片方の腎臓に約100万個あります。

腎小体は、毛細血管が糸玉状に集まった糸球体と、それを包む上皮性のボウマン嚢という薄い袋からなります。

ボウマン嚢の一端からは、全長が3~4cmにもなる尿細管が始まり、皮質と髄質の間で複雑な走行をとって走ります。

尿細管は、管を作る上皮細胞の性質と走行により、近位尿細管・ヘンレループ・遠位尿細管に分けられます。

尿細管は、集まり集合管となって腎乳頭の先端で腎杯に開口します。

集合管での水の再吸収は、下垂体後葉から分泌される、バゾプレッシン(抗利尿ホルモン)により促進されます。

糸球体から濾過される原尿は、1日に200ℓにもなりますが、尿細管を通るうちに再吸収され、実際に尿として排泄されるのは、2ℓ以下です。

腎臓の機能を果たす基本的な構成単位として、腎小体と尿細管を合わせネフロンと言います。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP