腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「大腸」 その3

「大腸」 その3|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「大腸」 その3

2017/11/16

3.直腸

 

直腸は大腸の終りの部で、S状結腸が仙骨の前面に達しますと直腸になり、仙骨の弯曲に沿って下行します。

尾骨の前に達しますと、急に後方にほぼ直角に屈曲し、外界に開きます。

その開口部が肛門です。

直腸は約20cmの長さがあります。

直腸の下部は内腔が広くなり直腸膨大部と言います。

膨大部の下方で肛門に続くところは肛門管といわれ、長さは3cmほどあります。

肛門管の上方には、内面に6~8本の縦走する柱状の高まりがあり、これを肛門柱と言います。

肛門を閉じる時に役立っています。

 

4.大腸の組織構造と機能

 

(1)粘膜

大腸には腸絨毛は見られず、腸腺には粘液を分泌する細胞(杯細胞)が多数を占め、消化液の分泌は行われません。

大腸では消化作用はほとんどなく、水の吸収が主です。

肛門は機械的刺激に強い、重層扁平上皮に覆われます。

 

(2)筋層

大腸の筋層は、内輪走と外縦走の2層の平滑筋からできています。

ただし、結腸では外縦層が1ヶ所に集まり、結腸ヒモの形成にあずかります。

結腸ヒモは3本あり、ほぼ等間隔で縦方向に並びます。

肛門では内輪筋が特に発達し、内肛門括約筋を作ります。

この平滑筋でできた括約筋の他に、横紋筋でできた外肛門括約筋があります。

平滑筋でできた括約筋は反射的に、横紋筋でできた外肛門括約筋は、随意的に肛門を開閉します。

 

注:大腸の運動

S状結腸には、食後12~15時間で到着し、24~72時間で排泄されます。

胃に食物が入りますと、盲腸からS状結腸、直腸まで腸の内容物を一挙に送り出す大腸の蠕動運動が起こります。

これを胃大腸反射と言います。

乳児は乳を飲むたびに排便をしますが、これは胃に乳が入りますと胃大腸反射により、大蠕動が起こるからです。

成人でも、朝食後に便意を感じるのは、朝食により大蠕動が強くなるためです。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP