腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「大腸」 その1

「大腸」 その1|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「大腸」 その1

2017/11/14

「大腸」

 

大腸は小腸に続く消化管で、小腸よりも太く、全長は1.6mで、盲腸・結腸・直腸の3部に分けられます。

 

1.盲腸

 

回腸の末端は、大腸の側壁に首を突っ込むように終り、ここを回盲口と言います。

回盲口では、回腸の末端がヒダ状に大腸内腔に突出して回盲弁を作り、大腸の内容が小腸へ逆流するのを防ぎます。

回盲口より下方へ5~6cm進んで行きどまりととなる袋で、「盲腸」と呼ばれます。

盲腸下部の後内腹壁から鉛筆くらいの太さで、長さ6~7cmほど伸び出る突起が「虫垂」です。

虫垂の壁には、リンパ組織が発達し、特に若い人ではリンパ球や抗体の産生が盛んで、時に過敏となり炎症反応を引き起こし、虫垂炎となります。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP