腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「リンパ系」 その7

「リンパ系」 その7|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「リンパ系」 その7

2017/10/05

<4.リンパ系の器官 の続き>

 

(3)胸腺

胸腺は、胸骨のすぐ後ろ(縦隔の前部から上部)に位置する左右1対の器官です。

乳幼児ではよく発達して、心臓の前方を覆うように広がりますが、思春期を過ぎますと次第に退縮し、成人では心臓の上方に位置する小さな臓器になります。

老人ではその大部分が脂肪組織に置き換わります。

胸腺内部は細網組織からなり、顕微鏡で断面を見ますと、多数のリンパ球が密集する皮質と、それよりも明るい髄質が区別されます。

細網組織からなるリンパ系の器官であるにもかかわらず、内部にリンパ小節を認めず、胸腺にリンパ管が直接出入りすることはありません。

胸腺は、全身のリンパ系組織に先駆けて発生する第1次リンパ性器官です。

骨髄など造血器官で生まれたТリンパ球前駆細胞が胸腺に進入し、ここで成熟してТの頭文字Tは、胸腺の学名(thymus)のТであり、胸腺由来のリンパ球であることを意味します。

Тリンパ球は、食作用による免疫作用(細胞性免疫)のほか、異物(抗原)の刺激に応答してBリンパ球の増生や抗体産生を促すなど、免疫系の司令官として機能します。

新生児期に胸腺を切除しますと、全身のリンパ系器官(リンパ節、扁桃、リンパ小節など)が発達せず、抗体産生能力も発現しないのですぐに死んでしまいます。

従って、第1次リンパ性器官である胸腺は、全身のリンパ性器官の中で中枢的な臓器だと言えます。

一方、Bリンパ球は、骨髄から全身の各リンパ性器官に直接送られて、それら組織内のリンパ小節で成熟して作用し始めますので、骨髄由来リンパ球とも呼ばれます。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP