腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「消化管の基本構造」 その1

「消化管の基本構造」 その1|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「消化管の基本構造」 その1

2017/10/18

今回から、「消化器系」についてを掲載して参りますので、皆さんの健康管理の一環として、是非参考にご活用ください。

 

「消化器系」

 

消化器系は、食物を取り入れ、咀嚼し、消化液で分解して栄養を吸収する器官です。

口から肛門に至る食物の通路となる消化管と、消化液を分泌する消化腺からなります。

 

「消化管の基本構造」

 

消化管の壁は、内面を覆う粘膜、中心を占める筋層、外面を包む漿膜または外膜の3層から構成されます。

 

1.粘膜

 

粘膜は、その表面がいつも粘液性の分泌物で濡れている軟らかい膜で、粘膜上皮・粘膜固有層・粘膜筋板よりなります。

粘膜上皮は、口腔・食道・肛門など機械的刺激の強い所では重層扁平上皮、分泌や吸収の行われる胃や腸では単層円柱上皮でできています。

粘膜固有層は、繊細な膠原線維が密に織りなす結合組織の層であり、粘膜下組織は太い膠原線維が粗く織りなす結合組織です。

粘膜固有層と粘膜下組織とは、粘膜筋板により互いに隔てられます。

口腔のように粘膜筋板がない所では、粘膜下組織の発達が悪く、粘膜固有層と粘膜下組織の境界もはっきりしません。

粘膜には多くの腺があり、分泌物を粘膜表面に放出しています。

小腸及び大腸の粘膜上皮内には杯細胞が多数存在し、粘液を分泌します。

胃腺や腸腺は粘膜固有層内に、食道腺や十二指腸腺は粘膜下組織内に位置して分泌を行います。

消化管には壁内に含まれる腺の他に、口腔では唾液腺(耳下腺・顎下線・舌下腺)が、十二指腸では肝臓と膵臓という消化腺が開口し消化液を分泌しています。

粘膜固有層には、血管の他に豊富なリンパ管網が形成され、リンパ小節が発達します(孤立リンパ小節)。

回腸では、多数のリンパ小節が集まり集合リンパ小節(バイエル板)を形成します。

 

『腰痛・頭痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP