腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その11』

「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その11』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その11』

「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その11』

2017/08/07

<「結合組織」(3)骨組織の続き>

 

(E)骨の発生と成長

胎児期に骨はどのようにして作られるか、骨の発生については2つの様式があります。

1つは「軟骨内骨化」という様式で、もう一つは「膜内骨化」という様式です。

 

①軟骨内骨化

大半の骨は、軟骨内骨化により作られます。

先ず軟骨で骨の原型が作られます。

次に、骨の原型の骨幹部に相当する軟骨膜の細胞が骨芽細胞に変わり、内側に向かって骨を作り始めます。

その結果、骨のさやが出来上がります。

骨のさやに囲まれた中央部の軟骨は、変性・膨化し基質に石灰化(カルシウム沈着)が起こり、一次骨化点となります。

そこに骨膜から血管が侵入して、原始骨髄が形成されます。

原始骨髄は大きさを増し一次髄腔となります。

一次髄腔に突出した石灰化した梁には、血管と共に侵入した骨芽細胞が並び、内側より海綿状の骨質の形成が始まります。

遅れて骨端でも、軟骨の変性、石灰化が起こり、二次骨化点が生じます。

2つの骨化点に挟まれた軟骨層は、骨端軟骨として、思春期を迎え下垂体前葉よりの成長ホルモンの分泌がが低下するまで、生後も分裂増殖を続けます。

軟骨が骨に置き換わるこれらの骨を置換骨と言います。

 

②膜内骨化

骨幹部では、骨膜下に進行する膜内骨化により、外側から骨質が付加されて、太さ方向(直径)の成長が起こります。

また、膜内骨化では頭蓋骨のような扁平な骨が作られ、脳などの臓器を外から覆うところから、この様式で作られた骨を付加骨(被蓋骨)と言います。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP