腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『人体の区分と方向 その5』

「人間の身体の基礎知識」について 『人体の区分と方向 その5』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『人体の区分と方向 その5』

「人間の身体の基礎知識」について 『人体の区分と方向 その5』

2017/08/26

<「人体の区分と方向」 2.人体の切断面と方向(位置関係) の続き>

 

(2)方向

 

①内側(ないそく)と外側(がいそく)

2つの構造のうちで、正中面に近いものを内側、遠いものを外側と言います。

日常に使う言葉の『うちがわ』は、解剖学では内方と言い、『そとがわ』は外方と言います。

上肢については、母指側が外側になります。

橈骨が位置する方向でもあるので、略して橈側とも言います。

反対の小指側は内側となり、尺骨の側を略して尺側とも言います。

 

②浅(せん)と深(しん)

2点のうちで、身体の表面に近いものを浅、中心に近いものを深と言います。

また、これを外と内ということもあります。

 

③前(ぜん)と後(こう)

直立位で、身体の前面に近い方を前、後面に近いものを後と言います。

四足動物の解剖と対比させる時には、腹側と背側ということもあります。

なお、『後』は解剖学では「こう」と読み、「うしろ」とは言いません。

 

④上(じょう)と下(か)

これも直立位においての上下です。

体幹では上下に変わって、頭方と尾方ということもあります。

後と同様に、下は「か」と読み、「した」とは言いません。

 

⑤近位と遠位

主として体肢に用いられるのが、体幹に近い方を近位、遠い方を遠位と言います。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP