腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『体表構造(皮膚) その2』

「人間の身体の基礎知識」について 『体表構造(皮膚) その2』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『体表構造(皮膚) その2』

「人間の身体の基礎知識」について 『体表構造(皮膚) その2』

2017/08/16

<「体表構造(皮膚)」の続き>

 

2.皮膚の構造

皮膚は、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれます。

表皮と真皮を合わせたものが皮膚の本体です。

皮膚の厚さは身体の部位によって異なりますが、平均は2mmほどであり、表皮が約0.1mm、真皮が約1.9mmあります。

また、手掌と足底には規則的な高まりと溝が見られ、指紋・掌紋・足底紋を作ります。

これらの紋理は個体差が著しく、個体識別に用いられます。

 

(1)表皮

表皮は、皮膚の表面を覆う丈夫な上皮で、角化した重層扁平上皮でできています。

角化とは、細胞内にケラチンというタンパク質が蓄積して、細胞が固くなる現象です。

表皮の最深層で細胞分裂により生じた上皮細胞(ケラチン産生細胞)は、上行しながら角化していき、約4週間で表皮から垢として剥離します。

表皮の断面には、上皮細胞が生まれてから角化していく過程が、基底層・有棘層・顆粒層・淡明層・角質層の5つの層として観察されます。

有棘層は、基底層に並ぶ円柱形の基底細胞の分裂によって送り出された細胞の積み重なりによりできており、両層をまとめて胚芽層と呼びます。

角質層は、手掌・足底・膝・肘などのように、外力が加わり刺激される部分では、特に厚くなっています。

タコ(胼胝)や魚の目(鶏眼)は、機械的な刺激による限局性の角質層の増殖・肥厚であります。

基底細胞層には、メラノサイト(メラニン産生細胞)があり、作ったメラニン顆粒を周りの上皮に渡します。

メラノサイトの数は、人種によって変わりませんが、黒色人種では産生するメラニン顆粒の量が多いです。

 

(2)真皮

真皮は、太い膠原線維が交錯してできる丈夫な層で、表皮の裏打ちをして皮膚本体の機械的な強靭を作り出しています。

表皮との境界には、真皮側から乳頭が突き出し、ここに毛細血管や感覚神経の終末が入り込んでいます。

血管網は、真皮の浅層と深層の2面に広がります。

老年になりますと、真皮の膠原線維は増加し、弾性線維は変性・断裂し、間質の水分は減少して皮膚は弾力性を失い、たるみ・しわを生じます。

 

(3)皮下組織

皮下組織は疎性結合組織からなり、皮膚本体と深層にある骨格や筋との間をゆるくつないで、丈夫な皮膚が身体の動きを妨げないようにします。

また、皮下組織には多量の脂肪細胞が集まって皮下脂肪層を作り、体熱の喪失を防ぐとともに、外力に対するクッションの役割を果たします。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

 

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP