腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その17』

「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その17』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その17』

「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その17』

2017/08/14

4.神経組織

神経組織は、情報伝達を働きとする組織であり、神経細胞と神経膠細胞(グリア細胞)よりなります。

 

(1)神経細胞

神経細胞は「ニューロン」とも呼ばれ、細胞体とそれから伸びる突起よりなります。

突起には、細胞体から四方に伸び出て、木の枝を思わせるように、分枝を繰り返す樹状突起と、細胞体から通常1本で、枝分かれが少なく長く伸びる、軸索の2種類が区別されます。

軸索は、興奮を遠くへ伝導し、その終末は別の神経細胞の樹状突起あるいは筋細胞などとシナプスを形成して興奮を伝えます。

 

①活動電位

神経細胞の膜では、ナトリウム-カリウムポンプが働いて、細胞の外にはナトリウムが多く、細胞内は細胞外に対してマイナスに荷電しています。

このマイナスに荷電した状態を静止電位と言います。

神経細胞に刺激(または電気刺激)を加えますと、突然ナトリウムチャネルが開き、細胞内が細胞外に対してプラスに荷電します。

これを「活動電位」と言います。

活動電位の持続時間は、1~5ミリ秒と短く、すぐに静止電位の状態に戻りますが、活動電位(プラスに荷電)は隣へ隣りへと伝幡します。

 

②シナプス

軸索を伝幡してきた活動電位は、神経終末に達しますと末端部にあるカルシウムチャネルを開きます。

神経終末には多くのシナプス小胞が含まれます。

流入したカルシウムイオンは、シナプス小胞に含まれる神経伝達物質をシナプス間隙に放出させます。シナプス後細胞の細胞膜にある神経伝達物質の受容体に、放出された神経伝達物質が結合します。

神経伝達物質の結合したイオンチャネルが開くことによって、ナトリウムイオンがシナプス後細胞に流入し活動電位が発生します。

運動終板では、シナプス後細胞は骨格筋であります。

 

③髄鞘

軸索は髄鞘に包まれますと伝導速度が速まります。

髄鞘の有無により有髄神経と無髄神経が区別されます。

髄鞘は、末梢神経系ではシュワン細胞が軸索の周りをぐるぐる巻きにして作られます。

中枢神経系では、希突起膠細胞が髄鞘形成にあたります。

 

(2)神経膠細胞(グリア細胞)

神経膠細胞は、興奮伝達には直接関係しませんが、その数は神経細胞の5~10倍あり、神経細胞の働きを助けます。

神経膠細胞には3つの役割が考えられています。

1つは、神経細胞と血管との間に介在し栄養の吸収の仲立ちをし、さらに血液の中を流れる有害物質が脳内へ侵入するのを阻止する血液脳関門の形成にもあずかります(星状膠細胞)。

第2の働きは、神経細胞の軸索をぐるぐる巻きにして髄鞘を作ることです(希突起膠細胞)。

末梢神経にあって髄鞘を作るのは、シュワン細胞と呼ばれます。

第3の働きは、血球に由来すると考えられていますが、マクロファージと同じく食作用を持ち、異物や有害物質の除去にあたる神経膠細胞です(小膠細胞)。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP