腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その3』

「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その3』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その3』

「人間の身体の基礎知識」について 『組織 その3』

2017/07/30

<組織 ‥ 上皮組織の続き>

 

(3)腺上皮

上皮細胞が分泌物を作って細胞外分泌する働きを持つ時に、その細胞を腺細胞と言い、それらが集まって腺上皮が作られます。

 

①単細胞腺と多細胞腺

上皮細胞列の中に、腺細胞が単独で散在している時は、単細胞腺と呼ばれます。

腸上皮や気管支上皮にみられます杯細胞はその例であります。

多くの腺細胞が集まって分泌を行うのが多細胞腺です。

多細胞腺では役割の分担が行われ、腺細胞が集まる分泌部(終末部)と、作られた分泌物を上皮の表面まで運ぶ管状の導管に分かれます。

唾液腺や膵臓、乳腺など、その多くは多細胞腺であります。

 

②分泌の様式

分泌物の分泌の仕方にも様式に違いがあります。

ゴルジ装置で作られた分泌顆粒は細胞膜直下に移動し、分泌物を包む膜が細胞膜と癒合して内容物を放出します。

これを開口分泌と言い、その例として小汗腺(エクリン汗腺)が知られます。

細胞の表面近くに分泌物が集まり、風船のように表面に向かって膨出して、ついには細胞質の一部と共にちぎれて分泌されます。

これをアポクリン分泌と呼び、腋窩の大汗腺(アポクリン汗腺)、耳道腺、肛門周囲腺などが知られます。

分泌物には、タンパク質が含まれ特有の匂いを発します。

細胞内部が作った分泌物で充満し、やがて変性に陥り、細胞全体がそのまま分泌物となり放出されます。

これをホロクリン分泌(全分泌)と言い、脂腺にみられます。

導管を失った内分泌腺では、分泌物は細胞の基底側に放出され、血管に入りホルモンとして全身を回ります。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!1

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP