腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その13』

「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その13』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その13』

「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その13』

2017/07/23

(3)細胞骨格

微小管、中間径フィラメント、アクチンフィラメントという、3種類の線維性のタンパク質からなり、細胞の形を作る骨組みの役目を果たします。

微小管は、直径が25nmの中空の管で、骨組みと共に物質や細胞小器官の輸送路ともなります。

中間径フィラメントは10nm、アクチンフィラメントは6nmの直径を有し、細胞の運動にも関与します。

 

(4)細胞核

細胞核は、球状で大きく、細胞の中心に1個みられるのが一般的であります。

しかし、核を持たない赤血球、木の葉のようにいくつかの固まりに分かれた核を持つ分葉核の白血球、1個の細胞に多数の核を持つ骨格筋細胞など、特殊な細胞もあります。

核は、内外2枚よりなる核膜に包まれています。

核膜には、核膜孔が開いていて、核の内部と外側の細胞質の間の交流を可能にしています。

核内には、糸状あるいは粒状の染色質が分散し、1ないし複数個の核小体が濃く染まって見えます。

染色質は、デオキリシボ核酸(DNA)がタンパク質と結合してできたものであり、細胞分裂の際には、DNAとタンパク質が凝集して目に見える染色体となります。

DNAは、遺伝情報を宿す分子であり、遺伝によって伝えられるあらゆる性質を決定します。

核小体には、リボ核酸(RNA)が集まっています。

RNAは、DNAの遺伝情報を写し取って、核から細胞質を運び出すなどの働きをします(メッセンジャーRNA)。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP