腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その12』

「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その12』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その12』

「人間の身体の基礎知識」について 『細胞 その12』

2017/07/22

(2)細胞小器官

身体には色々な器官があり、それらが連携して「個体」が生きていくために必要な機能を営んでいます。

生命の最小単位である細胞の中にも、特定の機能を分担する器官があり、これを「細胞小器官」といいます。

その多くは「細胞膜」と同じ種類の膜で作られています。

 

①小胞体

細胞膜でできた小さな袋で、小胞状、扁平嚢状、小管状など様々な形があり互いに連絡しています。

小胞体には、表面にリボソームが顆粒状に付着する粗面小胞体と、付着しない滑面小胞体があります。

粗面小胞体では、タンパク質の合成が行われ、作られたタンパク質はゴルジ装置に送られて加工されます。

滑面小胞体は、肝細胞ではグリコーゲンの合成、副腎皮質や卵巣・精巣ではステロイドホルモンの合成、筋細胞ではカルシウムイオンの貯蔵など、多様な働きをします。

 

②リボソーム

リボソームは顆粒状の小体で、核から運ばれてきたメッセンジャーRNAの情報に従い、アミノ酸をつなぎタンパク質を合成します。

小胞体の表面に付着し、粗面小胞体を作る付着リボソームと細胞質内に散在する遊離リボソームがあります。

付着リボソームでは、細胞外に分泌するたんぱく質が、遊離リボソームでは、細胞質内で利用されるタンパク質が作られます。

 

③ゴルジ装置

扁平な滑面小胞体が積み重なってできたのがゴルジ装置であります。

粗面小胞体で作られたタンパク質が、ゴルジ装置に運ばれ、糖質を付加するなど加工された後、膜に包まれ、分泌顆粒として細胞外へ、あるいはリソソームとして細胞内を輸送されます。

 

④中心小体

微小管の集まりよりなる円筒状の小体で、2つ1組で行動します。

細胞分裂の時には、複製を作って細胞の両極に移動し、染色体を引き寄せる中心となります。

 

⑤ミトコンドリア

0.1~1μmの球形ないし糸状(立体的にはソーセージ状)の小体で、肝細胞1個に約2,000個含まれると言われますが、細胞によりその数は異なります。

内膜と外膜の二重の細胞膜の袋からできます。

内膜は内部に深く折れ込みクリスタと呼ばれます。

クリスタは、内部に複雑に入り込む迷路を作ります。

そこに含まれる種々の酵素により、栄養素を燃焼してエネルギーを得ます。

そのエネルギーをATP分子の形にして細胞の活動に供給します。

ミトコンドリアは、細胞活動のエネルギー産生の場所であります。

 

⑥リソソーム

膜に包まれた小体でゴルジ装置で作られます。

内部には、色々な物質を加工分解して消化する酵素を含んでいます。

不要になった細胞の構成成分や、食作用で取り込んだ食胞などと癒合して、酵素を注入し内容物を分解します。

細胞内消化を行う小体であります。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう1!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP