腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「運動器・感覚器」について 『骨 その3』

「運動器・感覚器」について 『骨 その3』|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「運動器・感覚器」について 『骨 その3』

2017/06/19

「骨の形成と性ホルモンの関係」

 

閉経後の女性は、骨粗鬆症に罹りやすい?

 

骨の中にはたっぷりのカルシウムが含まれています。

この骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分が、どれくらいしっかり詰まっているいるかを表すのが「骨密度」です。

いわば、骨の強さの指標です。

骨は、古くなった骨を破壊する破骨細胞と、再生させる骨芽細胞の働きにより、常に新しく作り変えられています。

加齢とともに、骨代謝のバランスが悪くなったり、若くてもカルシウム不足ですと、骨がスカスカの状態になります。

このように、骨の密度が低くなり、骨折しやすくなる現象が、「骨粗鬆症」です。

男女とも性ホルモンに、骨の形成を促進する働きがあります。

ホルモン分泌が盛んになる、思春期から骨は作られ、20~30代でピークを迎えた後は、ホルモン量減少に従い、骨密度も徐々に低下します。

そして、女性は閉経する50歳前後、男性は70歳前後から急激に減り、骨粗鬆症になりやすくなるのです。

30代までは、骨の成長期です。

それまでにどれだけ骨密度を上げておけるかが肝心です。

つまり、若いうちにカルシウムを一杯貯金しておけば、老後の骨生活は安泰なのです。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP