腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「肺」について③

「肺」について③|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「肺」について③

2017/04/27

「肺自体は無力?」

 

周囲の筋肉の手助けがあって初めて呼吸ができます!

 

肺自体に筋肉はなく、呼吸は周囲の筋肉の手助けによって行われます。

周囲の筋肉の収縮によって、肺の周りの胸郭が伸び縮みし、その胸郭に沿って肺が動くことで、肺に空気が送られるというわけです。

ですから、動かす部分の筋肉が変わることによって、呼吸法にも違いが出てきます。

それが「胸式呼吸」と「腹式呼吸」です。

胸式呼吸は、主に激しい運動をした直後や、普段の生活に使われます。

『肩で息をする』と言いますのは、この胸式呼吸のことです。

胸式呼吸は、主に肋骨と、肋骨の間にあります肋間筋を使います。

肋骨は、背骨を支柱とし、肺を覆うような形で、少し前の方に垂れ下がった状態になっています。

息を吸う時は、この肋骨を持ち上げて、開いたような状態にすることで、胸郭を広げ、肺に空気を入れるのです。

逆に息を吐く時は、肋骨を下げて胸郭を縮め、空気を押し出すというわけです。

これに対して、腹式呼吸は、主に寝ている間に行われ、横隔膜という筋肉と腱でできている膜を使います。

横隔膜は、胸部と腹部の境目に凸のドーム状になって、腹筋と直結しています。

そして、この横隔膜を押し下げると、胸郭が広がって肺に空気が入るのです。

その時、押し下げられた横隔膜に腹部が圧迫され、お腹は膨らみます。

腹式呼吸は、胸郭呼吸に比べて、一度によりたくさんの空気が肺に入ることも、大きな特徴の一つです。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP