腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「消化管」について

「消化管」について|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「消化管」について

2017/03/03

「消化管」の動きと働き

 

消化管は、複雑な動きをする筋肉からできています。

 

消化管の壁は、平滑筋と呼ばれます細長い筋肉でできています。

これは、収縮を繰り返す不随意筋で、胃の運動も、この平滑筋が行っています。

平滑筋の収縮は、とても穏やかなので、胃や腸の動きは、ゆっくりしているのが特徴です。

それでは、平滑筋繊維でできております、消化管の構造を、さらに詳しく掲載いたします。

消化管の壁=筋層は、外側を縦走筋、内側を輪走筋が取り巻く二重構造になっております。

縦走筋は、筋繊維が縦方向に収縮・弛緩する筋肉で、縮めば管の長さは短くなり、緩めば長くなります。

縦走筋は、菅の部分的な長さを変えることで、中の食べ物を混ぜる運動を行っており、これを振り子運動と言います。

一方の輪走筋は、筋繊維が横方向で、つまり、輪っか状に組まれた筋肉で、この輪っかが小さくなったり、大きくなったりすることで、食べ物を移動させる役割を果たします。

このような消化管の運動を、蠕動運動と言います。

また、この輪走筋がとくに発達し、グッと縮むことのできる筋肉を括約筋と言います。

肛門括約筋や尿道括約筋が、その代表的な例と言えるでしょう。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!1

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP