腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|眼鏡の役割は屈折力の調整

眼鏡の役割は屈折力の調整|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

眼鏡の役割は屈折力の調整

2017/02/02

眼鏡は、ズレた焦点が網膜上にきちんと届くように調節をする役目をしています。

近視の場合は、強すぎる光の屈折力を凹レンズで緩やかにします。

遠視の人は、凸レンズの眼鏡で屈折力を強くします。

乱視は、縦軸と横軸それぞれに合った、屈折力のレンズを使います。

老眼の場合の遠近両用眼鏡は複雑です。

元が正視か近視か遠視かによって、眼鏡上下部のレンズが異なってきます。

 

『腰痛・肩こり・真心堂』

他に生活習慣病・不定愁訴など不調のある方は一人で悩まず、

先ずは当院へ一度ご相談ください。

一緒に問題解決いたしましょう!!

 

仙台市青葉区落合のカイロプラクティックの店

真心堂療術院  院 長

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP